ルフィーナでニキビゼロの背中に

背中ニキビゼロをルフィーナで目指すための使い方や配合成分について

背中ニキビは治りにくい?普段からチェックしよう

様々な部分にできるニキビ。その中でも背中のニキビは特に治りにくく、それでいて出来やすいとされています。そこで、普段から背中のニキビをよくチェックするといいでしょう。

そもそも背中のニキビが治りにくいとされる原因は普段から見えないというところにあります。たとえば石鹸やシャンプーなどを使って体や髪を洗う時、背中にすすぎ残しがないかのチェックをしていますか。これは毛穴を詰まらせ、ニキビが治るのを妨害します。そのため、背中のニキビがいつまでも治らないという現象がおきるのです。

これに加えて、普段から汗をかきやすい場所であるというのも治りにくい原因のひとつ。人間は顔よりも背中の方が汗をかきやすいようにで出来ており、しかも服のせいで蒸れやすいのです。これによって背中では菌が増殖し、ニキビが治るのを邪魔します。特にデスクワークが中心で常に背もたれを使っているという方は注意が必要です。

汗だけでは無く、背中は皮脂の分泌も多めです。そのため、毛穴が他の部分よりも詰まりやすいと言えるでしょう。皮脂と汗によって毛穴が詰まった背中のニキビは非常に頑固なもので、いつまでも消えてくれない悩みの種となります。 それと、服と皮膚の摩擦によってニキビが出来ることも多いので、猫背気味の人は背筋が伸びた人と比べて治りが遅いかもしれません。

このような理由から背中のニキビは一度出来てしまうと治すのが大変です。毎日のチェックとセルフケアでしっかり予防をして綺麗な背中を保ちましょう。