ルフィーナでニキビゼロの背中に

背中ニキビゼロをルフィーナで目指すための使い方や配合成分について

背中にニキビができたらシャンプー残りに注意しよう

お風呂でシャンプーを洗い流す時、髪を十分にすすげば大丈夫だと思っていませんか。実はそれだけだとシャンプーが残り、それが背中のニキビを発生させるかもしれません。

背中というのは自分で手が届きにくい部分なので、シャンプーの洗い残しが溜まりがちなんです。これは大半の人が気づかないとは思いますが、あまりに洗い残しが酷いと、それが毛穴の中に侵入し、毛穴を詰まらせてしまいます。毛穴が詰まってしまえばそこから皮脂の排出が出来なくなり、次第にアクネ菌やマラセチア菌といった、いわゆるニキビの原因が大量に発生。これによって炎症が引き起こされニキビに繋がるでしょう。

これと同時に石鹸などの洗い残しも注意しなければなりません。先ほども言ったように、背中は手が届きにくいところなので石鹸のすすぎも難しく、他の部分と比べて洗い残しが発生しやすいでしょう。これもシャンプー同様に放置しておけば毛穴を詰まらせ、徐々にニキビを増やします。

ですので、背中ニキビの出来やすい人は洗い残しが無いように、時間をかけてすすぎ作業をおこないましょう。そして、出来るだけシャンプーは先に済ませ、それから体を洗うようにしてください。シャンプーを最後にしてしまうと、体についたシャンプーを十分に洗い流せないことが多いのです。逆にシャンプーを先にすれば、体を洗う時にシャンプーの残りも洗い流すことができます。

ちなみに、シャンプーによっては添加物が入っていることもあり、これがニキビを招く恐れもあるので注意しましょう。